忍者ブログ

ミッキーとプーのお話し

ソマリと出会って16年、その前から一緒に暮らしたプーさんは 16歳、ミッキーはハーフの女の子で11歳で虹の橋に旅立ちました。ソマリだけになったjjファミリーですが、明るく、陽気なソマリのお家です。ソマリ(ルディーとレッド)専門のキャッテリーです。甘えん坊で、頭が良くて、ちょっぴりぽーとした仕草がとても癒されます。 

半年ぶりの更新にコメントを頂き、とても嬉しく思います。

覗いてくれる方がいて、心配して頂き。。。。。ありがとうございます。

昨年、メルちゃんが虹の橋に渡りました。我が家の初のブリードはJJちゃんですが、一緒にきたバンビの様な子でした。JJちゃんも病気と戦っていますが、シー様も半年近く、強制給餌をしていました。突然自分で食べてくれる様になりました。嬉しかった~~~。ただ調子は良くはありません。抗生物質あわずに症状は悪化します。他の薬も駄目。サプリメントで少し維持できている状況です。

人間も猫も年齢を重ね徐々に老化し、いつか別れがやって来ます。いてくれてありがとうと言える様に関わっていきたいと思い毎日を過ごしています。

落ち込んだり、上向いたりはありますが、少しでも笑顔で過ごす事が出来る様にと願いつつ。

子猫達は1週間で成長目覚ましく走り回っています。よく食べ、遊び、寝る。その一瞬の表情が素敵ですね。














にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ
にほんブログ村

PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 

▼ 本当にナイスショットですね♪

色々あったのですね。
僭越ながら心を同化させて頂きました所、
長年育てた愛猫を失った悲しみは計り知れない程に重く、予断は許さないとは言え、病気と戦っている猫ちゃんが快復してきた喜びなど、私の想像を遥かに超えた哀しみ・喜びだという事がわかりました。

恥ずかしいので詳しくは割愛させていただきますが、私は自分の不注意から生後4ヶ月の子を失ってしまいました。(但し、失った背景からノラちゃんにはならず、見知らぬどこかで幸せに生きている事は確信しています)
生後2ヶ月から育てたので約2ヶ月間だけの同居でしたが、失った哀しみや悔みは大きく、また探す努力を合わせますと疲労コンバイで暫くは立ち直れなかった事を思い出します。
「完全室内飼い」の本当の意味を、遅まきながら知り、身をもって哀しみを体験してしまいました。

あとは時間が解決してくれるしかありません。
楽しい時って猫のブログや動画を見ていない自分がいました。
それは家族として一緒に暮らしている事そのものが幸福感に満ち足りていたからだと思います。
今は猫のいない猫屋敷(苦笑)で以前見ていたブログを拝見し直して(コメントはここだけですが)、心の平安と未来への1歩を踏み出すべく歩み始めた所です。
そして申しわけなくも、あまりにも綺麗に状況が撮れていた前回の子猫のナイスショットでコメントさせて頂いた次第です。

今回もレッドちゃん?の舌がペロっと出したお写真やルディ君?のイケメン写真に癒されている所です。
そして、
「人間も猫も年齢を重ね徐々に老化し、いつか別れがやって来ます。いてくれてありがとうと言える様に関わっていきたいと思い毎日を過ごしています。
落ち込んだり、上向いたりはありますが、少しでも笑顔で過ごす事が出来る様にと願いつつ。」
この文面が私に勇気と希望を与えてくれました。
心より感謝致します。
私もその様な言葉を語れる様に成長したいです。






4ef5555fde ネイビー || 2014年 08月 15日 金曜日 || 編集
▽ ネイビーさんへ
コメントありがとうございます。

ネイビーさんにも悲しい出来事があったのですね。人間はいつも完璧ではいられません。いつもの事をいつもの様にしていても、思わぬ事もあります。私もいつも落ち込みながら、この子達には私しかいないと心に言い聞かせています。

ソマリの初代のクリス君のブリーダーさんに学びました。16年で虹の橋に旅立ちました。それまでに腫瘍ができ手術を4回して半年くらい傷が開いたままだった事もありました。そのから5年彼は静かに暮らしていました。旅立つその日の朝まで元気でした。
旅立った事を報告した時に、クリス君のブリーダーさん(男性)さんは、「大切に育てくれて16年間、長い間 ありがとう」と言ってくれました。なんて優しい言葉なのかとこの時感じました。悲しみをそっと包み込んでくれる言葉だった様に思います。
いつか私も、こんな言葉掛けができればといいな〜と思いました。

ネイビーさんもいつか心が少し癒えたら、また猫さんと是非暮らして下さい。色んな事があります。悲しいことも、嬉しいことも、楽しい事も、時には一人怒っている事もあるかも。
全部含めて、猫達は私たちを見ています。人の心の動きを読み取っている様に思います。
心が通い合えた時はとても嬉しいですよ。

立派なことは癒えませんが、小さい時から動物と暮らして来た動物好きの私です。

by jj
jj || 2014年 08月 16日 土曜日

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

プロフィール

HN:
jj
性別:
女性
職業:
猫使い
趣味:
猫との会話
◎ お問い合わせ・ご質問は ↓ からどうぞ
Powered by NINJA TOOLS

◎子猫に関するお問い合わせは、こちらのフォームでも受け付けております。

最新CM

[02/14 譲渡]
[01/01 セレネママ]
[01/01 札幌の大江です。]
[12/31 札幌の大江です。]
[08/28 中島麻実]
[02/20 にらいかない]
[12/17 勝山大剛]
[10/14 NONAME]
[10/12 なっぴぃ]
[09/01 ペガママ]

最新TB

ブログパーツ

バーコード

カウンター

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) jj. All rights reserved.
Powered by 忍者blog&material by miu_uim