忍者ブログ

ミッキーとプーのお話し

ソマリと出会って16年、その前から一緒に暮らしたプーさんは 16歳、ミッキーはハーフの女の子で11歳で虹の橋に旅立ちました。ソマリだけになったjjファミリーですが、明るく、陽気なソマリのお家です。ソマリ(ルディーとレッド)専門のキャッテリーです。甘えん坊で、頭が良くて、ちょっぴりぽーとした仕草がとても癒されます。 
 リアちゃんケールちゃんと仲良く走り回っていた、テイアが新しいママの元に行きました。
私のお膝が大好きで、いつも乗ってゴロゴロ、見つめ合うとチューとしてくれたテイアです。
お部屋がなんだか、暗いです。でもそんな気持ちを察して、ちゃんとケールとリアがお膝に来てくれました。

そして、我が家は新しい命が先週、誕生しました。
JSちゃん子は超未熟児で毎日ミルクの哺乳を今も続けています。
寝不足でちょっと体力がし、風邪を引きましたが、回復しました。
10日経っても、他の子が生まれた大きさしかありませんが、『生きたい』と鳴いています。
この子の力強い声に、私もやれる事はやろうと。。。。思います。

そしてレイちゃん。とっても安産で素晴らしい子育てで4匹のママになりました。
そしてJSちゃん子ニャンの面倒も見てくれています。大きさはまったく違うのですが、上手に暖をとっています。まだまだ小さくてお乳を吸う力はありませんので、哺乳をしながらですが、みんなといる事で、安心した様です。

d02edaec.jpeg





















レイちゃん子とJSちゃんちびっ子

236eec7d.jpeg





















ママと一緒に♡

元気に大きくなるんだよ〜と毎日声をかけています。お友達も応援してくれています。
いつもありがとうです。

卒業日に写真を。。。。時間がなくてとれませんでした。
少し前にリアちゃんと一緒に。。。可愛いテイア。頭の賢い、ちょっと気が強い、甘えたさんでした。きっとママに甘えているだろうな〜〜〜。幸せにね。テイアちゃん。ママさんよろしくお願いします。

47b97378.jpeg






















にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ ルカちゃん子供達それぞれとっても素敵なパパ&ママに出会う事ができました。
ありがとうございました。


PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 

▼ 無題

レイちゃんご出産おめでとうございます。
一番手前の小さな子がJSちゃん子かな~。
みんなと一緒に大きくなるんだぞ~。
またまたおちびちゃん達の成長が楽しみです。
jjさんも大変でしたね。
風邪、回復されたようで良かったです。
テイアちゃん、卒業おめでとうございます。
たくさん、たくさん幸せになってね~(*´∀`)ノ
2950572b3c Ranran || URL || 2010年 02月 03日 水曜日 || 編集
▽ Ranranさんへ
ありがとうございます。
手前の小さい子がJSちゃん子です。大きくなって欲しいのですがお乳が飲めないので哺乳です。もううん〜〜〜ん1/3の大きさです。でもお目めも開いています。注射器をみるとチュパチュパ吸いますが、一定の量しか吸わないです。でも、この子の気持ちにこたえる様にしたいので、頑張ります。
レイアの子供達は大きくなってそろそろ歩行練習です。
テイアちゃん、とっても優しい方なので幸せです。ありがとう。
風邪もすっかり良くなりました。
jj || 2010年 02月 05日 金曜日
TBURL
記事URL

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

プロフィール

HN:
jj
性別:
女性
職業:
猫使い
趣味:
猫との会話
◎ お問い合わせ・ご質問は ↓ からどうぞ
Powered by NINJA TOOLS

◎子猫に関するお問い合わせは、こちらのフォームでも受け付けております。

最新CM

[02/14 譲渡]
[01/01 セレネママ]
[01/01 札幌の大江です。]
[12/31 札幌の大江です。]
[08/28 中島麻実]
[02/20 にらいかない]
[12/17 勝山大剛]
[10/14 NONAME]
[10/12 なっぴぃ]
[09/01 ペガママ]

最新TB

ブログパーツ

バーコード

カウンター

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) jj. All rights reserved.
Powered by 忍者blog&material by miu_uim